Googleサーチコンソールで素早くインデックス

サイトを立ち上げてからしばらくは、検索エンジンのクローラーは数週間はコンテンツをクロール(巡回)してくれません。クロールしてくれないということは、検索をしても検索結果にページが表示されません。

毎日たくさんサイトが作成されていて、Googleも瞬時に新規ページを巡回してインデックスさせることはできません。特にサイトを立ち上げた初期の頃は待っていてもクロールに来ないため、手間でも自分でインデックスを促しましょう。

インデックス登録には、グーグルサーチコンソールを使用します。グーグルサーチコンソール(Google Search Console、旧:ウェブマスターツール)は、主にGoogle 検索結果でサイトのパフォーマンスを監視、管理ができる無料ツールです。SEOの対策にサーチコンソールは欠かせません。

Google Search Consoleでできること

  • どんな検索ワードで訪れているか。
  • どこから訪れたか。
  • どうページが表示されているか。
  • 内部のリンクはちゃんと出来ているか。
  • URL の再クロールを Google にリクエストする

今回は、グーグルサーチコンソールで素早くインデックスさせる、つまりクロール リクエストする方法を説明します。

1.「Google Search Console」にアクセス!

まずは「Google Search Console」のサイトにアクセスしましょう!
こちらから、「Google Search Console」にどうぞ。

2.自分の登録したいサイトを追加する

入力ウインドウが表示されます。
ここでは、登録したいサイトのURL(サイトのトップページのURL)をコピペします。
SSL化した場合も、登録し直しになります。

3.追加したサイトの所有権を確認させる

 

「URL 検査」ツールを使用して、個別の URL を Google インデックスに送信します。なお、URL の数が多い場合は、代わりにサイトマップを送信することをおすすめします。

インデックスに URL を送信する手順

「URL 検査」ツールを使用して、URL を検査します。
「インデックス登録をリクエスト]」を選択します。
このツールは、URL でライブテストを実行し、インデックスに明らかな問題がないかどうかを確認します。問題が検出されなければ、ページがインデックス登録のキューに追加されます。ページに問題が見つかった場合は、その修正を試みてください。
問題なく終了すると「インデックス登録をリクエスト済み」が表示されます。

公開 URL をインデックスに登録

登録したいサイトのURLを追加したら、次のステップで、Googleに登録したいサイトを、自分のサイトと認めてもらう作業が必要です。
「おすすめの方法」だと、上手くいかないことが多いいので、「その他の確認方法」を選択します。HTML タグメタタグをサイトのホームページに追加する方法を選択します

以下に表示されたメタタグをワードプレスのヘッダーにコピペします。

1. 下のメタタグをコピーして、サイトのホームページにある <head> セクション内の、最初の <body> セクションの前に貼り付けます。
<meta name="google-site-verification"content="m5G8U***********" />
2. 下の [確認] をクリックします。
確認状態を維持するために、確認が完了してもメタタグを削除しないでください。

4.メタタグを「header.php」に埋め込む

ワードプレスの「外観」「テーマの編集」からheader.phpを選択してタグをコピペします。
埋め込む場所は、<head>タグの直下がおすすめです!

5.Google Search Consoleに戻って確認する

無事、埋め込みが完了したら、「Google Search Console」に戻りましょう!

埋め込んだことを確認する!

「Google Search Console」の画面に戻ったら、「確認」のボタンをクリックします。
これで、Googleにタグを埋め込んだことを、申告します。

所有権を自動確認しました」が表示されればOKです。

まとめ

今回紹介した「Google Search Console」は、WordPressでサイト運営するなら絶対使っておきたいサービスです。「インデックス登録をリクエスト」する場合、今回紹介したHTMLタグを埋め込む方法がお勧めです。プラグインなどは重くなることもありますし、できるだけ使わない方向がオススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました